« 不安定なマクロ経済、長期化の原因は? | メイン | 外貨準備資金 年初以降20%増 »

2012年03月22日

ミャンマーへの投資額、4倍増で20億USDへ


このほどHoag Anh Gia LaiがミャンマーのYangon市で3億USDを投資した
多目的オフィスビルの設置計画を発表した。
ヨーロッパの投資家は以前からミャンマーに興味を示していたが
今までは調査活動しか行っていなかった。


これに対してベトナムの投資家は動きが活発になっている。
ミャンマーが政治経済の改善計画を実行に移す前までは、ベトナムの企業も
ミャンマーへの投資に消極的だったが、現在では多くのベトナム企業が
ミャンマーに投資している。

ミャンマーの大統領が訪越した際、駐ミャンマーベトナム投資家協会の会長が
ミャンマーの農業分野に対する1億USDの投資計画を発表したため、今後は
通信・携帯電話分野でもベトナム企業からの投資が期待されている。

An Giang植物保護株式会社(An Giang Plant Protection)とVinaCapitalは
ミャンマーのEdenと1億USDの農作物加工工場開発合意書を締結した。

ベトナム投資開発銀行は2011年、YangonのPyay Roadに駐在事務所を設置した。
ベトナム最大手の通信会社であるVNPTとViettelの2社は、ミャンマーの
携帯電話ネットワーク整備への投資を申請している。

ベトナムはミャンマーへの直接投資額を5億USDから20億USDまで引き上げ、
両国の貿易総額を2015年までに2011年の1.67億USDから5億USDへと
拡大させたい意向だ。

CafeF.vn  2012年3月22日

« 不安定なマクロ経済、長期化の原因は? | メイン | 外貨準備資金 年初以降20%増 »

    ・本資料に記載された情報の正確性・安全性を保証するものではなく、
     万が一、本資料に記載された情報に基づいて
     皆さまに何らかの不利益をもたらすようなことがあっても 、一切の責任を負いません。
    ・本資料は情報提供のみを目的として作成されたものであり、
     投資その他何らかの行動を勧誘するものではありません。
    ・本資料の全部または一部を無断で複写・複製することを禁じます。

運営会社編集方針お問い合わせプライバシーポリシー