« Alibaba.com ベトナム製品の人気 | メイン | 銀行上場に関する新規則 不良社債3%超過は不可 »

2012年09月17日

ベトナム外貨準備資金 230億USDに


年初から今まで、ベトナム国家銀行が外貨を購入している。

投資開発銀行(BIDV)の市場調査によると、
ベトナムの国家外貨準備資金は220億~230億USDに増えており、
11.5週の輸入額相当となっている、とのこと。
為替レートは安定しており、
外貨準備資金が増えた理由としては、
輸出入額のバランスが取れたことが挙げられる。

2011年の1年間の輸入総額は1,067.4億USD、
輸出総額は969億USDであった。
しかし、2012年6月までの輸入額は537億USD、
輸出額は529億USDであった。
輸入額がずいぶん減ったため、
上半期の輸入超過額は8億USDにまで抑えられ、
2011年の98.4億USDを大幅に下回った。

その他、為替レートの安定を支えるFDIの投資額も、
安定が維持されている。
上半期のFDI実施額は54億USDであった。
(2011年のFDI実施額は110億USD)
また、同時期の在外ベトナム人の送金は40億USDで、
昨年1年では90億USDであった。

ODA実施額が約6億USD増で、
間接投資資金(FII)は10億USD近くとなった。
これらの資金が、ベトナムの清算バランスシートを支えている。

9月13日、Nguyen Tan Dung首相は、
ベトナム政府が国内の経済困難問題を解決することを目的に、
IMF、またはASEAN+3から借金する必要はない、
との意見を明らかにした。

首相は、今年に入って現在までに
ベトナムマクロ経済が積極的に変動していることに言及し、
以下の例を挙げた。
年初8ヶ月でインフレ上昇率は2.86%以下に抑えられ、
今年のインフレは6%以下と想定されている。
全体の清算バランスシートも80億USDの余剰が出る見込みだ。
国家外貨準備資金も年初から2倍増となっている。
外貨市場と為替レートも安定してきている。
輸出額は前年同期より20%増となり、
超過輸入額は輸出額の1%相当となった。
2012年、GDP成長率は5.5%に達すると予測されている。

しかし、BIDVの調査研究によると、
ベトナムの外貨準備資金は230億USDに達したが、
この数字はまだ不安定だ。

2012年8月のCPIは7月より0.63%上がり、
年末までの電気、ガソリンの上昇と共に
引き続き上昇が続く状況である。div>


CafeF.vn  2012年9月17日




« Alibaba.com ベトナム製品の人気 | メイン | 銀行上場に関する新規則 不良社債3%超過は不可 »

    ・本資料に記載された情報の正確性・安全性を保証するものではなく、
     万が一、本資料に記載された情報に基づいて
     皆さまに何らかの不利益をもたらすようなことがあっても 、一切の責任を負いません。
    ・本資料は情報提供のみを目的として作成されたものであり、
     投資その他何らかの行動を勧誘するものではありません。
    ・本資料の全部または一部を無断で複写・複製することを禁じます。

運営会社編集方針お問い合わせプライバシーポリシー