« 労働法典及び労働組合法修正の必要性 | メイン | Vietcombank 増資認可される »

2010年04月07日

ハノイ首都建設計画草案


4月2日、ハノイにて、
ベトナム都市企画開発協会(VUPDA)は、
2030年までのハノイ首都建設計画草案に関する
検討会議を主催した。


同草案の開発計画について、
ハノイは首都圏の中核都市、
衛星都市5箇所及び複数の生態都市から
成り立つ予定である。

なお、中核都市は現在の首都圏から西側へ第4環状道路まで、
またホン川の北および東北側へメーリン郡、
ドンアィン郡、ザーラム郡、
ロンビエン区までを含む予定であり、
2030年に同中核都市における人口は
400万~460万人となる見込みである。

また、衛星都市5箇所は
ホアラク、ソンタイ、スアンマイ、
フースエン・フーミン、ソクソンを含む予定であり、
2030年に同衛星都市における人口は
130万~140万人となる見込みで、
生態都市3箇所は
フックト、クオックオアイ、チュクソンになると
提案された。


BaoDauTu電子版 2010年4月2日


« 労働法典及び労働組合法修正の必要性 | メイン | Vietcombank 増資認可される »

    ・本資料に記載された情報の正確性・安全性を保証するものではなく、
     万が一、本資料に記載された情報に基づいて
     皆さまに何らかの不利益をもたらすようなことがあっても 、一切の責任を負いません。
    ・本資料は情報提供のみを目的として作成されたものであり、
     投資その他何らかの行動を勧誘するものではありません。
    ・本資料の全部または一部を無断で複写・複製することを禁じます。

運営会社編集方針お問い合わせプライバシーポリシー